2015年03月01日

3/12現代版けやき小屋WS

☆3月の暮らしの寺子屋そのB
3/12(木)月屋〜現代版けやき小屋〜WSあります。

ふだん話せない月経のこと(※月経力、噂の布ナプキン)について性や愛、パートナーシップについてのシェアリング会

※月経力とは…
昔の日本人女性ができていた
体の力。月経血をトイレで排泄すること。ナプキンがいらなくなります。月経が3日4日で終わります。
生理痛やPMSが改善します。


料金:1500円
定員:10名

13時までにうどんを別途ご注文下さい。


月屋〜現代版けやき小屋〜

明治の初期ごろまで日本にあった習慣。
月経は汚らわしいものではなく、

月経時には神聖とされるケヤキできた小屋で
命のいとなみを儀式として受け入れ
このときばかりは女性が家事や農作業から解放されるという場所として存在していたといわれます。
女性の体のしくみ、誰にもいえない性のこと、愛とパートナーシップについて
みんなで語りあいましょう。

現代版『月屋』をよみがえらせたいと思います。

生理痛で救急車を呼ぶ人もいます。
激しい痛みを鎮痛剤でおさえながら
家事や仕事をするべきでしょうか?

わたしたち女性に与えられた命のいとなみは、ただそれを受け入れ
宇宙のリズムとの調和を実感し
陰陽のバランスすべてを実感する
源なのではないでしょうか?

弱いときもしんどいときがあっても
いいのです。

そこを受け入れることであらたな創造がはじまるのです。


ナビゲーター
seico ハート(トランプ)
淡路島在住。
神戸にて長年のエステサロン経営を経て、内側から輝く女性性をテーマに草木染め布ナプキンena プロデュース。昔の女性があたりまえにできていた月経力、性と愛、パートナーシップについてのシェアリング会を月小屋〜けやき小屋〜として活動中。自らの体験からのクレイセラピーや鉱物をつかったearth メイク術などの講座も全国にて開催中。

 
お申し込みはFacebookメッセージか0773211665竹松うどんまでよろしくお願いします(*^_^*)

定休日は7.8.9のつく日
 

【関連する記事】
posted by ロナウドン at 12:28| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしの寺子屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。