2014年06月11日

井筒一博作品展

☆galleryうどん屋の蔵ご案内

紹介が遅くなり申し訳ありません

本日6/11より
井筒一博さんによる写真展〜森の記憶〜がはじまりました。


黒谷和紙に感光乳剤を塗り印画紙を作り白黒プリントされた写真は幻想的な風合いを醸し出しています。

「…
森(ヤマ、杜)とはこわい所です。天狗も鬼も森に棲んでいます。
木々のなかに迷い込むというかほんの少し入り込むだけで迷子になった気がしてしまうもの。
異界なのですね。
とつぜん気配を感じてふりかえったり、何者かに見入られたように動けなくなってしまったり。
そうしたなにやらのものぐるおしさをとらえるのに、デジタルでは
全くダメなのだ
とここでは断言しておきましょう

どれだけ微分化しキメ細かく画素化されたところでデジタルなんぞどこまでも二元論の世界です。
キレイになればなるほどつまらんです…」(井筒さん自己紹介文より抜粋)


今でも森に入ったら何かに見られているようなゾクっとする瞬間がありますよね。

写真をじっくり見ていたら鬼や妖怪が出てきそう…

和紙に焼き付けた森の記憶を皆さんもぜひ観にいらしてください。


会期は7/6まで。

galleryうどん屋の蔵
京都府綾部市志賀郷町儀市前13
0773-21-1665
takematsuudon@gmail.com
定休日は7.8.9のつく日

image-20140611215456.png

image-20140611215510.png

image-20140611215525.png

image-20140611215539.png
posted by ロナウドン at 21:56| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | gallery「うどん屋の蔵」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399234165

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。