2012年01月08日

ブータンへ行ってきました!

2012.1 ブータン旅行 474.JPG

年末年始は長期お休みを頂いて念願の新婚旅行へ行ってきました!

12月に入ってから航空券を手配したので出発ギリギリまでチケットが取れるかわからない状態でした。

バンコクで一泊し、インドを経由してブータンへ、、、

インド、チベットに囲まれ、ヒマラヤ山脈のふもとにブータンはあります。
深い谷合いにあるので町の標高は1000〜2500m、東西へ移動するときには3000mの峠を越えて行かなければ行けません。酸素も薄いので身体が慣れるのに時間を要しました。


ブータンは60年前の日本の様だとよく言われるそうです

民族衣装を着て、牛で田畑を耕し、3世代で一つ屋根の下暮らす、、、。

チベット仏教を信仰し、自然と共に「命」、「慈悲の心」を大切に暮らしていました。


8日間ずっと側で日本語ガイドしてくれたブータン人のソナムさんは繰り返し言いました。

「今の命がとても大切だよ、1週間後、1年後はどうなっているか誰にもわからない。」

「ブータン人はよく食べてよく動くから病気はしない。ブータン人は歩くのが大好き」

「3世代大家族で暮らすから老人ホームは必要ない。大勢で暮らすと絆が深まり命を大切に出来る」

「自然や動物にいいか悪いかを常に考えます。花は摘むと可哀想だから造花を飾ります」等々、、、、、

何気ない事に改めて気付かせてもらう、考えさせられる旅となりました。


短い滞在でしたが「幸せの国」とよばれる理由が少しわかった気がします。


これから「食」「暮らし・建築」「手工芸」編に分けて写真と共に紹介出来たらと思います♪



あ、そうそう!なんと話題の国王を町で見かけました!
互いに車だったので一瞬でしたが九州程ある面積の中で出会えるなんて!!
とても嬉しかったです〜〜♪

国王は屋敷でじっとはしておらず毎日王妃と国中をうろうろ見て歩いているそうです。
行く町行く町で必ず村の人々と食事をし沢山話をするそうです。
どこへ行っても2人の写真が飾られていて国民に愛されているのがよ〜〜く伝わってきました。


2012.1 ブータン旅行 694.JPG
農家民泊をしたお宅。300年程経ってるとか<@パロ>

posted by ロナウドン at 22:35| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと!ブータンですか!!
この時期寒かったでしょうね。
Posted by ねぎ麻呂 at 2012年01月09日 14:02
 ブータン旅行記。
これからブログ掲載、期待しています。
 2012年もおいしいうどんを
たくさん食べたいと思います。
 ちょくちょくお店に伺いたいと思います
ので、よろしくお願いいたします。
 なかなかゆっくり話す機会もありませんが、
ブータンの話なども聞かせてください。
 仕事始め、お疲れ様でした。
 
Posted by p-chic.pa-chic at 2012年01月09日 19:10
>ねぎ麻呂さま
日本より少し寒い位でした。
とっても楽しかったです!
いつもコメントありがとうございます。

>p-chic.pa-chicさま
いつもご来店ありがとうございます!
ぼちぼちペースですが(毎度のことながら、、、)ブログアップしますね。
p-chic.pa-chicさんのブログもあったら貼り付けてくださいね〜
こちらこそ宜しくおねがいします。
Posted by 竹松 at 2012年01月14日 21:53
あけましておめでとうございます。
何とブータン!
いいですねー。
目の付け所が違いますねー。
報告ブログ(?)楽しみにしています♪

今年もちょくちょくうどんを頂きに寄せてもらいますので、
どうぞよろしくお願い致します!(^o^)
Posted by さやか at 2012年01月15日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245041708

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。